最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アパートと価格はどのように見る
古いアパート

アパートも不動産ですから、土地の価格が幾ら、建物の価格が幾ら、その合計が売却価格ですが、買い側は、居住する為に購入するのではなく投資のための購入ですから、収益物件としての投資利回りが幾らになるかが重要です。
簡単に言ってしまえば、収益物件としての投資利回りが高ければ不動産価値が高い、収益物件としての投資利回りが低ければ不動産価値も低いということになります。
アパートの場合で言えば、賃料が出来るだけ高く、入居率が高い物件が不動産価値が高いと言えます。
家賃が高く入居率がが良いということは、立地、建物の状態も良い事になりますので、土地・建物を個々に査定するまでもありません。
アパートを購入する場合には、賃料、賃料の入金状況、入居者の属性、入居期間、賃料のバラツキがないか、敷金の額、入居者間のトラブルがないか、過去の修復履歴、固定資産税、都市計画税、オーナーが負担する水道光熱費などを確認する必要があります。
賃料にバラツキがある場合には、入居者を入れるために苦労していることが想像できます。
入居者間のトラブルも以外と多く、上層階と下層階での騒音トラブルなどがよくあり、入居が安定しない原因にもなっています。
入居率の低いアパートを買ってから、入居率を高めるというのは難しく費用もかかります。
アパートを購入する場合には、多少投資利回りが悪くても、入居率の高いものを購入するべきです。
入居率の悪いアパートは、購入後に売却をしようとしても苦労します。
投資不動産は購入と同時に、売却も視野に入れて購入しなければなりません。
全ての条件を満たした物件というものは、なかなかないものですが、日頃から不動産業者に相談をしておくと意外な掘り出しものが出たりします。
不動産投資には、妥協は禁物です。
自分の予算の中で条件の良い物件が出るまでじっと待ち、条件に似合う物件は何としてもでも購入するという事が、不動産投資で成功する基本です。

オススメリンク

マンション

維持費がかかる

賃貸経営をするつもりでアパートを購入したつもりが入居者が一向に表れず、固定資産税ばかりが課税されて困っている場…Read more

関連リンク